二通りのおまとめローン

おまとめローンは、多重債務を1つにまとめることができる非常に利便性の高いサービスです。それによって、それぞれにかかってきた大きな金利手数料も、リーズナブルなものにできる可能性も出てくるでしょう。あまりお金を作ることができない人にとっては、かなりありがたい話です。
おまとめローンを利用できる銀行や消費者金融会社はいくつかあるので、チェックしてみましょう。審査が通るか通らないかの基準(http://www.movimentolivre.org/)はやってみなければ分かりませんが、今まで支払いが滞っていたりしないのであれば、問題なく審査は通る傾向にあります。
ただ、それぞれの借金の名義が違っていた場合はその限りでは無いので、注意しましょう。名義をあらかじめ共通のものにしておき、その上でサービスを受けられるように準備しておくのが基本です。あくまでも返済プランを立ててから、上手におまとめローンにするようにしましょう。
おまとめローンには専用のサービスとして提供される場合と、通常のカードローンをおまとめローンとして利用する場合があります。消費者金融会社と信販会社が提供するカードローンサービスは貸金業法による総量規制の対象となるため、年収の3分の1を超過する貸付ができません。そのため、債務を一本化する目的に利用するのが困難な場合があります。
一方で、銀行とその子会社が提供するカードローンは総量規制の対象外であるため、年収に関わらずおまとめローンとして利用することができます。
カードローンを利用する場合に、郵送物が自宅に送られて来ると家族に知られたくないから困るという人も多数存在します。インターネットで申し込みを行い、自動契約機でカードを発行するなどすれば、郵送物なく融資を受けることができます。
主に消費者金融会社と信販会社によって提供される多重債務の一本化専用のおまとめローンサービスは、総量規制の例外となります。そのため、年収による制限を受けずに融資を受けることが可能です。
基本的に、専用のおまとめローンを利用するためには店頭か自動契約機へ行く必要がありますが、郵送で手続きを行うことも可能です。店頭や自動契約機で手続きを行う場合には、その場で契約できる場合もあります。一方、審査後に契約書類などが郵送物として送られてくる事業者も存在します。その辺りのことは、窓口で相談することで、郵便物の送付を控えてもらうことは可能です。
ただし、延滞すると郵便物の送付は避けられないので、注意しましょう。